女性の債務問題の傾向~解決へ 1 2 3 4 5 6

主人の転職や失業により、大きく家計の収入が減ってしまい、
その穴埋めに借入をしてしまったというお話もよく耳にします。

なぜご主人に相談をしなかったのですか、と聞いてみると、

話したところでどうにもならない、
主人は家計には無頓着で「なんとかしろ」の一言で終ってしまう、

といったご主人とのコミュニケーションが普段からうまく取れていない事を感じる言葉が多く聞かれます。
結局、自分ひとりで何とかしようと、カードで食品等の買い物をして現金の不足分を補ったり、
急な出費に対してはキャッシングでその場しのぎをしているうちに、金額、件数も膨れ上がってしまい、
収入が戻ったとしても、返済が大きな負担となり家計は苦しいままの状態で、自転車操業をせざるを得なくなります。

ご主人は収入が戻ったのだから、何も不自由は無いだろうと考えているので、尚更言い出せず、ご主人は知らない大きな支出を隠す為に更に借入をする悪循環になり、身動きが取れなくなってしまいます。
男性は、家の事は妻の仕事と勘違いしている方も多いようです。自分の仕事での収入が減っても妻がうまくやり繰りしてくれているだろうという甘えがある場合もあります。
夫婦で現実と向き合い話し合う姿勢が必要ですし、普段からそれが自然に行える環境、関係を保つ努力が必要かもしれません。
ご主人の収入減が原因で始まった借入であれば、その事実を打ち明ける事も、夫婦で解決していく上では有効です。



必ずそうしなければならないという事ではありません。それぞれの事情があります。環境に則した考え方と解決方法が必要です。 次へ 匿名債務相談へ