女性の債務問題の傾向~解決へ 1 2 3 4 5 6

カードの利用に何か制限がされることは何となく知っていたのですが・・・。

相談にいらした女性は、急にキャッシングが利用できなくなったカード数枚を前に困惑していました。
確かに、今まで数枚のカードのキャッシングとショッピング枠で、返しては借りる生活を続けてきました。ここ数年は、この生活から抜け出さないと、一生借金から逃れられない、という思いにも駆られていたそうです。

ただ、いきなり次々とキャッシングの利用ができなくなり、一気に生活が成り立たない状況に陥ってしまいました。お給料は全て返済に充ててもまだ足りません。仕方なく親からの借り入れで、何とか当月の支払いはしましたが、現金が無くなってしまい、カードのショッピング枠で買い物をしながらぎりぎりの生活をしていました。
来月も支払いは発生します。それを考えると仕事も手につかなくなり、思い切って相談に来た、ということでした。


改正貸金業法による総量規制が施行されてから、同様のご相談が増えています。
年収に対して3割までが貸付の条件となると、年収200~300万円代が多い女性、特に専業主婦に関しては、借り入れの際には主人の同意が必要等、今回の総量規制は女性にとって非常に厳しいものになりました。


 今後は、改正割賦販売法によるショッピング枠にも規制が設けられます。クレジットカードがただのプラスティックになってしまっては持つ意味はありません。

 「クレジットカードを利用しない生活」それほど難しくはありません。 次へ 匿名債務相談へ