任意整理のしくみ|にしかた法務司法書士事務所|任意整理 自己破産 過払い 無料相談

任意整理の詳しい説明

任意整理のしくみについて

認定司法書士が、ご依頼者様の代理人として裁判所を通さずに和解を進めることを、任意整理といいます。任意整理の内容としては、3~5年間の分割弁済をする和解契約及び合意書を、債権者と交わします。

認定司法書士が、全ての任意整理手続を代理・代行して行うため、ご依頼者様のお時間を割く手間や、精神的な負担(債権者と直接交渉することは、非常に体力がいります)が少ないことが利点です。

任意整理をすると、法律で認められた利率で借金を計算し直すので、借入総額を減らせたり、過払いが生じていた場合には、その分を取り戻せることもあります。また、和解後の返済は原則利息が無いので、100%元金の返済に充てられます。

任意整理によるメリット1  催促や取立てが止まる

認定司法書士が、ご依頼者様の代理人となった後、各債権者へ受任通知を送付します。

受任通知とは、認定司法書士が代理人になったので、今後、催促や取立てを含むあらゆるやりとりは、ご依頼者様宛ではなく、全て代理人宛に連絡するよう求める通知のことを言います。

以上は法律で定められていますので、受任通知送付後は、ご依頼者様宛に直接請求が行くことはありません。

任意整理によるメリット2  借金の減額が可能

今日現在、消費者金融やクレジットカード会社は、「利息制限法」という法律を基に、利息の請求をしています。

ところが、以前は「出資法」という現在よりも高い利息の請求が可能な法律を基準にしていました。

以上の経緯から、任意整理手続では認定司法書士が現在の法律に基づいて利息を再計算するため、利息の払いすぎが発覚する可能性があります。

万が一、払いすぎが発覚した場合、その分を債務残高から差し引くことが出来ますので、元金が大幅に減ったり、消滅してしまうことがあり得るのです。

任意整理によるメリット3  和解後は利息が0%

債権者との交渉の結果、和解が成立すると、確定した返済額を利息なしの分割返済とします。

30万円を月5千円で60回払いで返済することも可能です。一部の債権者は利息を請求する場合もあります。

任意整理による返済と通常返済の支払額の違い

(支払い例の金額は、目安です。借り入れ利率や、返済月額・返済日の間隔により変動します)

無料相談をご利用ください

  • ご予約で土日・祝日相談可
  • ご予約で夜間相談可
  • ご予約で当日相談可
  • 24時間メール受付

ご依頼・ご相談はこちらから

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-218-187(相談受付時間9:00~18:00)

専門スタッフが、迅速・丁寧に対応

関東全域対応