50代夫婦|にしかた法務司法書士事務所|任意整理 自己破産 過払い 無料相談

50代夫婦

Kさんは、ご夫婦で相談にいらっしゃいました。お二人で600万円を超える債務額です。長引く不況の影響でご主人の収入が大幅に減ってしまいました。しかし住宅ローンの返済があります。その返済のためにカードで借り入れをしてしまったということでした。
借金を返すために借金をする。これでは本末転倒ではないか。しかし自宅は守りたいという思いは強く、ご夫婦で悩み抜いた末のご相談でした。

借り入れの額が高額な案件でしたので、パートナー弁護士に同席いただいての相談となりました。借り入れの詳細や家計の収支、仕事の状況について詳細にお聞きしました。

今後、ご主人の収入が増える可能性は低いようです。任意整理を行っても、過払いとなる債務がほとんどありません。利息の支払いを免除してもらい、元金のみの返済になったとしても返済を継続することは困難です。お二人ともその点はすでに認識されており、自己破産も視野に入れての債務整理のご相談でした。しかしそれは本意ではなく、自宅には愛着もあるので、可能であれば残したい。という意向も強く感じられました。

三者で協議した結果、債務整理の方法を、小規模個人再生とすることで、自宅は残すことは可能であろうとの判断になりました。住宅ローンを含む債務の場合でも、必ず個人再生が適用できるわけではないのですが、本件については、Eさん夫婦の意向はもちろん、諸条件が整っていたので、債務整理の方向性が明確になりました。

早速、個人再生の手続きを行うことになりました。住宅ローンの返済は続きますが、その他の債務がご夫婦ともに大きく免除され、なんとか返済できる範囲に収まりました。

Kさんご夫婦は、「家を手放すことは覚悟していましたが、実際にはその後の生活に大きな不安がありました。本当に安心できました。」と安堵していました。

無料相談をご利用ください

  • ご予約で土日・祝日相談可
  • ご予約で夜間相談可
  • ご予約で当日相談可
  • 24時間メール受付

ご依頼・ご相談はこちらから

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-218-187(相談受付時間9:00~18:00)

専門スタッフが、迅速・丁寧に対応

関東全域対応