債務整理をした場合の信用情報について|にしかた法務司法書士事務所|任意整理 自己破産 過払い 無料相談

債務整理をした場合の信用情報について

債務整理をすると、指定の信用情報機関に事故情報として登録されます。
一般的に、各債権者は貸付をする際、情報機関から提供される信用情報を基に、貸付が可能かどうかの判断をします。そのため、新たな借り入れや、クレジットカードの作成、ローンを組むなどの行為は原則難しくなります。金融機関も企業防衛の名のもとに、これらの情報審査により未然に貸倒れを防止しているのです。
一概には言い切れませんが、5~7年間は事故情報として登録される傾向にあるようです。
尚、すでに完済している債務について、過払い金返還請求をする場合は、事故情報としては登録されない傾向にあるようです。

無料相談をご利用ください

  • ご予約で土日・祝日相談可
  • ご予約で夜間相談可
  • ご予約で当日相談可
  • 24時間メール受付

ご依頼・ご相談はこちらから

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-218-187(相談受付時間9:00~18:00)

専門スタッフが、迅速・丁寧に対応

関東全域対応